ホワイトニングの効果持続期間Facebook

0335738148

ご予約・お問い合わせ

Facebook

0335738148

ホワイトニングの効果が持続する期間

ホワイニングで白く美しくなった歯。この白い歯はどの程度持続できるのでしょうか?
ホワイトニングは一度施せばずっと続くわけではありません。ある程度の期間をもって、歯は白くなくなっていきます。

ホワイトニング効果が持続する期間

image

ホワイトニングを行った歯の白さが持続するのは、平均して約半年から1年と言われています。
この持続する期間の長さは、使用する薬剤によって多少変わってきますが、大きな差はありません。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングではどちらが長く持続できるの?

image

ホワイトニングにはご自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングが有ります。
昔はホームとオフィスで使用する薬剤に差があったため、仕上がりの美しさを持続する期間に違いが有り、ホームホワイトニングの方が良かったです。ですが、現在は質の良い薬剤が出てきており、どちらでもあまり差はありません

当院では、忙しい方も多いので2~3回の通院で終わり、万が一何か合った時にもその場で対処ができ、ホワイトニング中の色のチェックや調整も可能なオフィスホワイトニングをお勧めしております。

どうして歯の色が戻るの?

image

よく「歯の色が戻る」と言われますが、実は歯の色が戻っているのではありません。
白くなった歯は再着色しているため、歯の色が戻ったように感じるだけなのでホワイトニングの効果を持続させるためには再着色を出来るだけ防ぐようなアフターケアが重要になってきます。

ホワイトニング効果をより持続させるアフターケア

ホワイトニングをせっかく行ったのだから、出来るだけ長く保たせたいですよね。
そのために必要なケアを、ご自分で出来るセルフケアと歯医者で行うプロフェッショナルケアの2つお教えいたします。

ご自分で行えるセルフケア

― 着色しやすい食べ物、飲み物を摂取したらすぐ歯磨き

ホワイトニング直後はもちろんですが、普段から着色が起こりやすい色の濃い食べ物、飲み物を摂取したら早めに歯磨きを。その際、丁寧なブラッシングも重要です。正しく丁寧なブラッシングの方法は歯医者さんで教わりましょう。

― タバコは控えましょう

タバコは色の濃い食べ物よりも黄ばみやすいです。歯の白さを持続したい場合はやめることをお勧めします。

歯医者で行うプロフェッショナルケア

― 定期的な歯のクリーニング

数ヶ月に一度で良いので、歯医者で歯のクリーニングを行いましょう。歯のクリーニングは沈着した歯の汚れや、歯石を取り除いてくれます。歯の表面に付着している汚れを落とすことで歯の持つ本来の色になります。

― ホワイトニングのタッチアップ

ホワイトニング後、仕上がりの色を保つためには、半年から約2年に1回、タッチアップを行いましょう。オフィスホワイトニングなら1回、ホームホワイトニングなら5〜10日ほど行うと良いでしょう。

ページトップへ戻る