レナ先生の美と健康のためのコラム|「レナデンタルクリニック」銀座にある審美歯科Facebook

0335738148

ご予約・お問い合わせ

Facebook

0335738148

レナ先生の美と健康のためのコラム

今こそ口腔ケア・4

歯磨きや舌磨きなどの口腔ケアは、風邪やインフルエンザへの感染リスクを下げることが分かっています。新型コロナウイルスに対してはまだはっきりとは分かりませんが、感染対策としての効果は十分に期待できます。口腔内細菌はさまざまなタンパク質分解酵素を持っており、この酵素によりウイルスが口や喉の粘膜に入り込みやすくなる、すなわち感染が成立しやすくなります。また、唾液中にはIgAなどの抗体がありますが、口腔内細...

今こそ口腔ケア・3

新型コロナウイルス、治まる気配は一向に見えず、インフルエンザの季節に突入しようとしています。手洗いや3密を避ける等感染を避ける行動も大切ですが、「感染しない体」でいることもとても大切です。   お口は命の入口。お口の有りようで健康度は変わります。   人の免疫は、体に入った、または入ろうとする有害微生物などに対して、体から排除しようと働きます。病気の発症は、免疫力のバランスが崩...

今こそ口腔ケア・2

スタンダードプリコーション(全ての患者さんに適用する標準感染予防策)———感染症は新型コロナだけではありません。肝炎、インフルエンザ、ノロ、はしか等々、私たちの周りには感染を引き起こす可能性のあるウイルスや細菌がたくさんあります。   歯科医療では多くの場合患者さんの唾液や血液に触れますので、新型コロナに関係なく、それ以前からほとんどの歯科医院では「元々適切な感染予防策を標準的に行ってい...

今こそ口腔ケア

新型コロナウイルスが猛威をふるい、自粛や休校、在宅ワークなどで日常が大きく変わりましたね。   当院のように都心の歯科医院は自宅から遠い患者さんが大半ですので、在宅ワークになったから、電車に乗るのはちょっと怖い、ということで来院を控える患者さんもおられました。   また「歯科医院は新型コロナの感染リスクが高い」などという報道も出ましたので通院そのものも怖いと思った方もいたことで...

SASの合併症⑥

「睡眠時無呼吸症の社会的損失」   前回までは、睡眠時無呼吸症(SAS)の病態や治療法、身体的合併症について述べてきました。今回はある意味合併症と言ってもいいのではないかと思われる、社会的損失をテーマにしたいと思います。   SASは睡眠の分断による自律神経の乱れと、無呼吸・低呼吸状態による低酸素状態が起こりますので、眠っていても脳はたびたび覚醒し、体は脳に酸素を送ろうと一生懸...

睡眠時無呼吸症候群の合併症⑤

睡眠時無呼吸症候群(SAS)にはさまざまな合併症について循環器疾患を中心に述べててきました。今回もその他の合併症について述べていきます。   腎臓病   腎臓が悪い患者さんはよく昼間の眠気を訴えることがありますが、これはSASが原因の一つであると指摘されています。腎臓病とSASの関連を示すデータは少ないので断定できませんが、腎臓病患者には高血圧や糖尿病、心臓病を合併している...

睡眠時無呼吸症候群の合併症④

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併症でまず挙げられるのが循環器疾患です。SASの主な合併症に高血圧がありますが、夜間睡眠時に低酸素状態になることもあるSASと高血圧が合併すると、循環器疾患の発症リスクが高まります。   SASの合併症のうち、前回は「虚血性心疾患」「不整脈」「心不全」についてご説明しました。今回はその他にもまだまだある合併症について述べていきます。   脳卒中...

睡眠時無呼吸症候群の合併症③

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併症でまず挙げられるのが循環器疾患です。前回は高血圧症について述べましたので、今回はその他の疾患について説明いたします。   高血圧の状態が長く続くと動脈の弾力がなくなり動脈硬化が起こり、これが循環器疾患の原因となります。また、SASでは夜間睡眠時に低酸素状態になることもあり、高血圧と合併すると循環器疾患の発症リスクが高まります。   虚血性心...

睡眠時無呼吸症候群の合併症②

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は多くの合併症を引き起こします。   中でも循環器疾患と密接な関係があります。SASの患者さんは循環器疾患で死亡するリスクはそうでない人の5.2倍高いという報告もあるほどです。   合併症でまず挙げられるのが「高血圧」です。   高血圧の多くは原因の分からない本態性高血圧ですが、原因がはっきりしている二次性高血圧の最も多い要因としてSASが...

睡眠時無呼吸症候群の合併症①

皆さんは睡眠時無呼吸症候群(SAS)くらいでは命に関わらない、と思っていませんか?   確かに直ちに命に関わるわけではありません。しかしSASは頻繁に起こる無呼吸により、血液中の酸素濃度が低下する「間欠的低酸素血症や高炭酸ガス血症」、何度も中途覚醒する「睡眠の分断による交感神経の亢進」等が起こり、多くの生活習慣病の合併症を引き起こすことが明らかになってきています。   SASは...

ページトップへ戻る