今こそ口腔ケア・2|「レナデンタルクリニック」銀座にある審美歯科Facebook

0335738148

ご予約・お問い合わせ

Facebook

0335738148

レナ先生の美と健康のためのコラム

今こそ口腔ケア・2

新型コロナウイルス、治まる気配は一向に見えず、インフルエンザの季節に突入しようとしています。手洗いや3密を避ける等感染を避ける行動も大切ですが、「感染しない体」でいることもとても大切です。

 

お口は命の入口。お口の有りようで健康度は変わります。

 

人の免疫は、体に入った、または入ろうとする有害微生物などに対して、体から排除しようと働きます。病気の発症は、免疫力のバランスが崩れた時に起こります。ですから免疫力を高く保ち、その悪さをする力に負けないことが大切です。

 

免疫力を高く保つ方法の一つが口腔ケアです。お口の中には細菌が沢山いますが、その中に病原性のある細菌がいます。代表的なのは、むし歯菌や歯周病菌ですね。それらの菌は特にむし歯の中や歯周ポケット(歯周病を放置してできた歯と歯肉の間の深い溝)、舌の上などに多く棲み着きます。

 

歯磨きや舌磨きなどの口腔ケアは、風邪やインフルエンザへの感染リスクを下げることが分かっています。新型コロナウイルスに対してはまだはっきりとは分かりませんが、感染対策としての効果は十分に期待できます。口腔内細菌はさまざまなタンパク質分解酵素を持っており、この酵素によりウイルスが口や喉の粘膜に入り込みやすくなる、すなわち感染が成立しやすくなります。また、唾液中にはIgAなどの抗体がありますが、口腔内細菌が多いと免疫機能が十分に働けません。

 

誤嚥性肺炎、最近耳にすることも増えていますね。誤嚥とは、飲食物や唾液などが誤って気道に入ってしまうことをいいます。その時むせるという咳反射により、肺に入ってしまうことを防いでいます。通常飲食物や唾液は飲み込んで胃に入りますが、知らず知らずのうちに気道に流れ込み、咳反射が起こらずに誤嚥するケースもあります。反射機能が衰えてきている高齢者は特に誤嚥しやすいです。また、寝ているときにも唾液の誤嚥は起こります。そのときお口の中が細菌だらけだと、細菌が肺に入り込み、肺炎を起こす確率が高くなってしまうのです。

 

新型コロナウイルスに感染してもほとんどは無症状か軽症といわれていますが、そこに誤嚥性肺炎も起こすと重症化しやすくなります。

 

歯磨きは、上手な人でも汚れを8割以上落とせたら優秀と言われるくらい奥が深いものです。毎日のしっかりとした歯磨き「セルフケア」と、自分では届かない所を歯科医院でキレイにしてもらう「プロフェッショナルケア」を組み合わせた口腔ケアで、免疫力をアップしましょう。

 

 

ページトップへ戻る