睡眠中のいびき|「レナデンタルクリニック」銀座にある審美歯科Facebook

0335738148

ご予約・お問い合わせ

Facebook

0335738148

レナ先生の美と健康のためのコラム

睡眠中のいびき

前回まで口呼吸のデメリットと鼻呼吸の大切さをお話ししてきました。
呼吸、特に夜間就寝時の呼吸はとても重要です。鼻呼吸がうまくいかないと、いびきや睡眠時無呼吸症候群が発現することや、歯ぎしりや食いしばりといった症状が現れることもあります。 私はいびきや歯ぎしりはいずれも「睡眠中の呼吸がうまくいかないことが大きな原因である」と考えています。「呼吸が十分行われなければ、全身の血流が悪くなり、酸欠状態になってしまいます。特に脳が酸素不足になることを考えると深刻な問題です。起床時に急に血圧が上がったりすることにもなります。

 

今回はいびきについてお話ししたいと思います。いびき…実は気になっている方も多いのではないでしょうか。
いびきの主な原因は、空気の通り道である上気道が何らかの原因で狭くなることにあります。狭いところを空気が通ろうとすると空気抵抗が大きくなり、呼吸をしたときに周囲の粘膜組織が振動して音が生じます。この振動音が、「いびき」です。 睡眠中は体がリラックスして全身の筋肉が緩み、舌や咽頭周りの筋肉も緩みます。重力によってそれら上気道の周りにある組織が喉の奥に落ち込み、自然と上気道が狭められやすくなるのです。

 

いびきは主に二種類あります。一つは飲酒、疲労、風邪による鼻づまりなどによる一時的ないびきです。これは原因を取り除けば解消します。ある種の睡眠薬も筋肉を弛緩させるので、いびきの原因になることがあります。いびきがひどい場合は担当医と相談する といいでしょう。もう一つは、習慣性のいびきです。こちらは放置しておくと悪化し、様々な重病を合併する危険性をはらんでいます。

 

さて、習慣的にいびきが起こる、上気道が狭くなる原因は何でしょうか。

 

  • 肥満
  • 扁桃の腫脹アデノイド
  • 下顎が小さい、後退している
  • 鼻中隔湾曲症
  • 首が太くて短い
  • 口蓋垂(いわゆる、のどちんこ)が長い
  • ストレスや疲労
  • 口輪筋が弱い
  • 舌の力が弱い
  • 習慣的口呼吸
  • 閉経後の女性ホルモンの減少→近年 注目されています。

 

いびきの原因によって対処法は様々です。ですが、実はいびきをする人のほとんどは口呼吸をしているのです。そして口呼吸の人の多くは自分が口呼吸していることに気付いていません。
いびき対策の第一歩は口呼吸の改善なのです。

ページトップへ戻る